前へ
次へ

弁護士を目指すのならば

弁護士になるためには、司法試験に合格する必要があります。けれども、周知のとおり司法試験の壁は高く、その合格率は20パーセント程度にとどまっています。しかも、受験資格を得たのちの5年間の内に、3回しか受験することはできないルールになっています。さらに、司法試験に合格したとして、その後に2年間の研修が待っていますので、弁護士になるためには時間がかかると言わざるを得ません。司法試験の受験資格を得るだけでも、それ相応の努力が必要とされます。その間の生活費や大学進学、その他もろもろの費用を考えると経済的な負担が生じる場合もままあります。これらの問題を乗り越えるためには、強い信念と惜しみない努力が大切です。

Page Top