前へ
次へ

弁護士費用はどのようなものか

かつて弁護士の費用は、日本弁護士連合会が定めた報酬等基準規程および各弁護士会が定めた弁護士報酬標準規定に従い、その範囲内で報酬を決定することとされてきましたが、平成16年4月1日付けでそれらの規定は廃止され、個々で決めるようになっています。しかしながら多くの法律事務所では、従前の報酬との均衡、報酬額の透明化、合理的価格設定等の観点から従来の規定による金額を踏襲しています。費用は、相談料、書面による鑑定料、着手金、成功報酬金、手数料、顧問料、日当を指すのが一般的です。最近では無料法律相談があったり、低所得者に対しての割引制度などを導入している事務所も少なくないので、いろいろな事務所を検討してみましょう。

Page Top